性教育勉強会

親から子へ伝えたい『いのちと性のこと』

性教育と聞くと、うちの子にはまだ早い、どう伝えて良いか分からない、学校で教えてくれるはず、といった声を聞くことが多くありますが、性教育とは、子どもが自分自身を大切に、そして他者も大切にできるよう、心を育てていくことだと考えています
そのために大切なのが、親から子どもへまずは「あなたがとっても大切なんだよ」と伝えていくこと。
産まれてきて良かったんだ、と思えることが、自己肯定感を育くみ、他者も大切にできる人に育っていきます。この活動は、~「いのちと性」の大切さを伝えよう~『一粒のたねプロジェクト』保健師森崎智恵子さんと共に行っています。

【講師:森崎智恵子さんプロフィール】

保健師・看護師
ウェルネス・タッチケア®認定講師
ウェルネス・ファシリテーター®認定講師
埼玉県戸田市在住。 ブログはこちら
病院勤務後、都内保健センターの母親学級、新生児訪問、親子教室等で、多くの母子と出会い、またエイズ・性感染症予防相談事業にも従事する。多くのケースワーク(個別支援)を通し、いのちの奇跡と尊さを感じ、そして人間が生きるうえで一番大切なのは、自己肯定感を高めていくことと確信する。現在、健康保険組合、企業等で健康相談、健康教育に携わり、モールでの育児相談をしている傍ら、ウェルネス・タッチケア®講座、いのちと性の大切さを伝えるべく活動をしている。

勉強会でお伝えしていること

  • そもそもなぜ性教育が必要なのか
  • 男女の性の違い
  • 成長に合わせた性の伝え方 など

普段の子どもとの向き合い方を振り返りながら、それぞれの関わり方やお子様の性格などから、どう伝えていくと良いかなど、参加者同士で話しをしていきます。

一つでも当てはまったら是非ご参加ください♪♪

  • 子どもに「どこから産まれてきたの?」と聞かれたけど、うまく答えられなかった
  • 子どもと何歳までお風呂に入っていいの?
  • 息子のことは夫に見てほしいけど、無関心・・・
  • 最近、子どもとのコミュニケーションがうまくとれていない
  • 生理、精通のことをどう伝えて良いか分からない
  • 妊娠のことや感染症のことをどう伝えて良いか分からない

勉強会開催について

勉強会では、そもそもなぜ性教育が大切なのか、男女の性の違い、成長に合わせた性の伝え方等を~「いのちと性」の大切さを伝えよう~『一粒のたねプロジェクト』保健師森崎智恵子さんと共にお伝えしています。
2019年3月〜5月に長野市での開催が決定しました!現在参加者を募集中です!


これまで、東京、長野を中心に勉強会を開催してきましたが、Zoomアプリを利用したオンラインでの勉強会も開催しています。
1回500円/人 3名より開催可能です。

ファシリテーター

一般社団法人世界マザーサロン  代表理事 永井佐千子(Sachiko Nagai)
永井 佐千子(ながいさちこ)
(㈳世界マザーサロン代表理事、~いのちと性の大切さを伝えよう~“一粒のたね”プロジェクトメンバー)
ブログはこちら

これまでの性教育勉強会のレポート記事


日本の現状から海外の性教育について配信

世界マザーサロンでは、日本で勉強会を開催するだけでなく、日本の性教育や性犯罪の現状から海外の性教育事情について、様々な視点で配信しています。
性教育に関する記事をまとめてお読みいただけます
↓↓↓
親から子へ伝えたい「性教育勉強会」

性教育勉強会のお申込みや活動全般に関してご興味がございましたら、是非お気軽にお問合せ下さい。