小学6年生から避妊具、同性愛まで学ぶドイツの性教育事情~オープンに学ぶことで自分で考える力をつける~

The World’s Mother Salonライター、ベルリン在住のwakaです。
我が家の娘は現在小学6年生(11歳)。ベルリンに越してきて1年になります。先日、娘の通うベルリンの公立小学校で性教育の授業がありました。日本でも小学4年生のときに女の子の初潮についてお話を聞いていたようですが、その様子とは随分違いがありました。今回は日本、ドイツの性教育事情について、お伝えしたいと思います。

小学6年生から避妊具、同性愛まで学ぶドイツの性教育事情~オープンに学ぶことで自分で考える力をつける~

ドイツの性教育は生物の授業の中で行う

日本での性教育といえば、男女別々に集められて話しを聞く、というパターンがまだまだ多いように聞きますが、ドイツでは男女一緒の教室で理科の時間に行われます。

6年生の子ども達は、昨年の9月から理科で生物の誕生と生態を教わってきました。魚・カエル・ニワトリなどの誕生と生態を教わった後で、人体の骨と臓器について習い、最後が人間の誕生。その中で月経の話しも行われます。

小学6年生から避妊具、同性愛まで学ぶドイツの性教育事情~オープンに学ぶことで自分で考える力をつける~

月経の話に入ったときには男の子たちは恥ずかしがり、普段授業中に大騒ぎをする男子もシ~ンとし、誰一人発言しなかったとのこと。男の子たちのあいだには“今ここで何か言うと変態だと思われる!”という緊張した空気が流れていたようです。

一方、女子は自分達が主役の話だと思い、普段どおり発言。日本的な感覚の娘にとっては、男女一緒の教室でこんな話を聞かされることが信じられなかったと言っていました。日本では身体測定後に密かに女子を集めて話があるのですから、言ってみれば内緒話のような感じです。
それに対してドイツは完全にオープン。しかもその話に入るまでの流れも、子ども達の動物や動物の赤ちゃんに対する興味関心を満たす流れのなかで自然に作られていると感じます。
文化的な差異も背景にあるのでどちらが良いということは無いのですが、随分違いますね。

恋愛、避妊具の装着方法、性交渉そして同性愛まで、完全オープンな性教育

小学6年生から避妊具、同性愛まで学ぶドイツの性教育事情~オープンに学ぶことで自分で考える力をつける~

ところで、こちらの小学校の理科の授業では日本と違いかなり細かいところまで教わります。
さすがドイツと言うべきか、生物の器官の名称等もかなり詳しく習っており、人骨の名称も模型の骸骨に30枚くらいカードを貼りながら教わります。小学校6年生がここまで教わるのかと驚くほどの細かさです。

そのようなこともあり、人間の誕生についても、細かなところまで徹底的に教わったようです。
教科書を見ると、男性器・女性器の話に始まり、恋愛関係について、避妊具の装着方法、性交渉について、胎児の発生と発育について、それぞれ事細かに写真付きで紹介されています。
また、同性愛について紹介されていたのも印象的でした。

小学6年生から避妊具、同性愛まで学ぶドイツの性教育事情~オープンに学ぶことで自分で考える力をつける~

同性愛については、先生は“そういうこともありますよね”というように淡々と紹介されていたようですが、子ども達の中には驚きを感じる子も多かったようです。

ビールは14歳から、大麻も合法、タブーの少ないベルリン

あっけらかんと、しかし科学的に、一切包み隠さず全てを教えてしまうこちらの性教育はとてもベルリンらしいと思います。

ベルリンのドイツ人は普段から公園で上半身裸で寝そべって体を焼いていたりしますし、街中のブロンズ像も裸体をモチ―フにしたものが多く、裸を恥ずかしいとか隠そうという意識が希薄です。

ドイツ街中の裸体をモチ―フにしたブロンズ像

とはいえ裸体のブロンズ像はベルリンでも気になる方は気になるようで、水泳施設の真正面に置かれた裸体の少女像には夜中に服を着せる住民もいるようです。ドイツ人がそうするとは考えにくいので性をタブー視する宗教をもつ移民の方が気になって着せているのだと思うのですが、早朝に職員がそれを脱がせているという、ちょっと面白い光景を目にしたことがあります。

そもそも、ベルリンは日本と比べて自由でおおらかです。
例えば、中学生が放課後学校の表階段に座ってビールを飲んでいたりするのですが、ビールは14歳から許されているためお咎めなどは一切ありません。

大麻についてもベルリン市内では合法なので、スーパーのレジの横で他の飴やガムに混ざってスイス製の大麻ガムと大麻キャンデーが販売されています。

性教育についてもそうした大らかで自由な空気を反映して、同性愛まで含めてこれが人間の性というものだよと堂々と紹介されているのだと思います。

まずは性をオープンに語れる環境作りから

ベルリンでは年齢を問わず、街中で手を繋ぐ男女や軽いキスをする男女をしばしば見かけます。アルプスの少女ハイジに出て来るようなアルムのおんじ風の白髪のお爺さんがお婆さんと仲良く手をつないでいる光景も。年代を問わず、カップルは人前でも堂々と仲良くしています。

しっかりとした性教育の土台ができていれば、男女交際についても自分でしっかりと考えていくことができるようになります。性に関してオープンであることを日本は良しとはしない傾向がありますが、オープンにすることで、色々な悩みを共有できたり、問題の早期発見に繋げることもできるようになるはずです。

子どもが正しい知識をしっかりと持てるようになるためにも、まずは大人が学んでいくことが大切だと感じています。

Waka(ベルリン)

親から子へ伝えたい性教育勉強会

性教育勉強会
「性教育とは、子どもが自分自身を大切に、そして他者も大切にできるよう心を育てていくこと」だと世界マザーサロンは考えています。
そのためにご家庭でできる性教育の勉強会を開催しています。

これまで、東京、長野を中心に勉強会を開催してきましたが、Zoomアプリを利用したオンラインでの勉強会も開催しています。
1回1,000円/人、3名さまより開催します。

性教育を始めるのは、お子さまが3歳頃からいつでも可能です。
ご家庭で伝えられることを通して、お子様が自己肯定感を育くみ、他者も大切にできる人に育ことを応援します。

詳しくは詳細ページをご覧ください。

世界マザーサロンでは、勉強会だけでなく、日本の性教育や性犯罪の現状から海外の性教育事情について、様々な視点で情報を配信しています。
性教育に関する記事をまとめてお読みいただけます
↓↓↓
性教育特集by世界マザーサロン

性教育勉強会のお申込みや活動全般に関してご興味がございましたら、是非お気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です