メルマガ登録ページにお越しいただきありがとうございます!

一般社団法人世界マザーサロンは、①子どもたちのお腹を満たす②心を満たす③考える力をつける、を柱に、これまで以下のプロジェクトを立ち上げてきました。

世界マザーサロンのメルマガでは、世界中の子どもたち誰もが幸せに、自分の人生を生きていけるよう、本当の幸せとは何か、幸せな世の中にしていくには何ができるか、代表の永井佐千子のメッセージと共に活動の最新情報等をお送りしていきます。
是非この機会にご登録ください!

一般社団法人世界マザーサロン  代表理事 永井佐千子(Sachiko Nagai)
永井佐千子(Sachiko Nagai)
<経歴>
大学卒業後、北京に語学留学
2002年より経営コンサルティング会社で日系企業の中国事業支援に従事
その後、上海の法律事務所で勤務後、2008年に独立
母親が在宅で仕事ができる環境を整えながら企業の事業支援を行う
2015年に一般社団法人世界マザーサロンを設立
一男一女の母

 

 

メールマガジン試し読み

〜世界マザーサロンメールマガジン vol.127 リアル人生ゲームを楽しもう2022.1.11発行 より抜粋〜

お正月休みは子どもたちとボードゲームをやって過ごしました。
我が家、色々なボードゲームがあるのですが
最近のおすすめは「カタン」
周りと交渉しながら自分の陣地を広げていくというものなのですが、本当によくできたゲームです^^

大人数で遊ぶ時は定番の「人生ゲーム」。
遊んだことのある方も多いと思いますが現実の世界もゲームだと思えると
少し捉え方が変わってきます。

日々、色々なご相談をお聞きしている中でなかなか自分の気持ちを消化できず
そこに踏み止まってしまっているという話はよくあります。

失敗してしまい立ち直れない
人とぶつかってしまい悩んでいる
嫌なことを言われて落ち込んでいる
仕事がうまくいかず、気ばかり焦る
などなど
私もこれまで山程そういった気持ちは味わってきました。

客観的に自分を見ることができると、そこから抜け出しやすくなるのですが、
それがなかなか難しいのですよね。

色々な方法があると思いますが、自分の中で「人生ゲーム」をイメージしていくというのもひとつの方法です。

人と喧嘩した→一回休み
嫌な言い方をして相手を傷つけてしまった→3マス戻る
綺麗な花を見つけた→2マス進む
人に助けてもらった→10マス進む
前に進むのが怖い、という場合は思い切ってサイコロを振ることをイメージする。
「休み」の時は無理に動かずしっかり休む。

自分の「人生」というゲームをちょっと離れたところから見てみると、
たとえ大変なことに直面しても
それはいつまでも続くことではない
ということが見えてきます。
それは良いことも同じ。
必ずサイコロを振る番は回ってきます。
良いことも、辛いことも、どんなこともいつまでも続くわけではありません。
だから、その一コマ一コマをしっかり味わう。

そしていずれ必ずゴールがきます。
リアル人生ゲームのゴールでは、順位付けはありません。
速くても遅くても、お金をたくさん持っていてもいなくても
肩書をたくさん持っていてもいなくても
ゴールは平等に「お疲れ様でした」と迎え入れてくれます。

であるなら、楽しんだ方が絶対にいいですよね!
「そうは言ってもなかなかそう考えられない」という方もいます。
もちろん、すぐに考え方を変えることはできません。
だからこそ、練習。
変わると信じて、イメージし続ける。
色んなことをクリアしてきたな、と振り返ってみる。
これまでの経験を紙に書き出して、ゲームにしてみるのも楽しいかもしれません。

先が見えない…ということもあるかもしれませんが、

繰り返しますがその状況はいつまでも続きません。
必ず次のマスに進む時がきます。
今日はどんなマスに進むでしょうか。
人生ゲーム2022年版も楽しく進んでいきましょう^^


これからの子育てや生き方について、一緒に考えてみませんか?

メールマガジン登録はこちらから

ご登録は下記からお願い致します。

    永井佐千子のメルマガはどこで知りましたか?(必須)

    送信ボタンを押してください。

    お申込みフォームが送れない場合は、恐れ入りますがinfo@wm-salon.comまでご連絡ください。