【報告】パワポ(PowerPoint)トレーニングで「自分の考え」を表現する(発達性読み書き障害・小4)

【報告】パワポ(PowerPoint)トレーニングで「思い」を表現する(発達性読み書き障害・小4)

「伝える」ことから得られる自信~パワポトレーニング~

自分を大切にするためには、まずは自分の気持ちに気付き、認め、相手に伝えることが大切です。そんな機会を増やしていけたらと思い、昨年より開始した、パワーポイントを使いサポーターと対話をしながら自分を表現する力をつけていくトレーニング『自己表現力UP!パワポトレーニング(パワトレ)』。

パワトレは、「うまく自分の気持ちを伝えられない」「人とのコミュニケーションが苦手」といったすべての子どもたちに適したトレーニングです。1人1人に沿ったオーダーメイド方式のマンツーマン指導のため、周りと比べず、子どもも安心して受講することができます。

パワーポイントが発達障害の子どもの代替えツールに

今回は、受講してくれた男の子Tくんのお母さまよりご感想をいただきましたのでご紹介します。
TくんはONE PIECEが大好きということで、それについてまとめ、最後に発表するということを目指し、進めていきました。パワトレサポーターは代表の永井が担当しています^^

受講者はディスレクシア(読み書き障害)症状がある小4の男の子

受講者のTくん(小4)は、発達障害と医師からの診断は受けていないものの、WISCや読み書きスクリーニング検査の結果、特別支援の必要を認められ、現在は通常クラスに通いながら、週に4時間巡回指導の特別支援クラスの先生と授業を進めています。

受講者名:Tくん(小4)
・お友達とドッジボールをするのが大好き
・ONE PIECE(ワンピース)が大好き
・読み書き、発表することが苦手と自覚している
・学校では週に4回、国語の時間を他の教室で個別指導してもらっている
・学校と家でパソコンとPowerPointは使用したことがある

ディスレクシアの息子には、将来的にITを駆使して書くことの代替えを身に着けてもらいたいと思っています。今回、PowerPointを使って自分を伝える子ども用トレーニングがあることを知り、代替えのきっかけになれたらと思い受講しました。

パワポ(powerpoint)トレーニング

受講1回目

緊張の一方で、遠く離れた人とPCを使ってオンラインで会話ができることに好奇心いっぱいな様子でした。まとめる内容を何にするか話し合うなか、「自分はONE PIECEが大好きだけど家族が知らないので、家族にONE PIECEを伝えてみる」ということになり、終わったあと母に嬉しそうに伝えてきました。

受講2回目~5回目

・自分からONE PIECE事典と好きなONE PIECEゲームを準備して挑みました。
・「次のパワポトレーニングはいつ?」と聞いてくるようになりました。
・息子が前のめりになって説明している姿を見ました。

出来上がった作品を使って自分の好きなものを伝える(発表)

息子より「家族みんなの前での発表は恥ずかしいので、お母さんだけに発表したい」との提案があり、2人で行いました。印刷したものでなく、PowerPointそのままが良いとのことで、PowerPoint のスライドショーにしてEnterをぽんぽんと叩き、照れながら文を読み始めました。自分の文章なので、普段よりも読みに引っかかることなく読んでいます。私が質問すると、ネットで別の画像を検索して、その画像を見せながら新たに色々と説明しました。終わったあと印刷した紙をファイルに入れて渡したところにっこりしていました。

パワポ(Powerpoint)トレーニングTくん作品

パワポトレーニングが日記の抵抗をなくす

受講終了後、息子に感想を聞くと、
「ONE PIECEのことを永井さんと話せて楽しかった。こんなにたくさん作れるとは思わなかった」
と返事が返ってきました。親としてはもっと感想を深く聞きたかったのですが、まだまだ気持ちを伝えるのにシンプルな言葉を使う息子のため、そっけない回答でも仕方ない、きっと何かのきっかけになっているだろうと自分で納得させていました。
それからしばらくして学校で日記の宿題が出たときに、息子の変化を見ました。
「最近、結構長い文を書けるようになったんだー」と言って、前より日記を嫌がらずに取り組めるようになりました。
次回はパワポトレーニングで姉のバースデーカードを作るそうです。

パワポ(Powerpoint)トレーニング後パワーポイントを自分で触るTくん

お母さまの感想

永井さんは息子と同じ目線で対応してくれました。息子が欲しいと思った素材を探してくれたり、説明をしっかり聞きとってPowerPointに入力してくれました。母だとつい機嫌悪く聞き返したりして、息子は説明を途中でやめてしまうことが度々あります。息子の話を一生懸命聞いてくれて嬉しかったのだと思います。
息子が恥ずかしがるのでトレーニングを受けている間は別室にいるのですが、たくさん説明している声が聞こえてきて、新鮮でした。

また、永井さんとのフィードバック時に、息子の好きなものに対する知識欲などを褒めていただきました。これまで意識したことがなかったので、新たな息子の長所に気付けて嬉しかったです。
今回、11ページに及ぶ大作が作れて、永井さんに手伝ってもらってはいますが、息子の言葉で書かれているので、自分でもいつかこのような大作が作れるという自信に繋がったと思います。
受講出来て良かったです!

—————————————————————–

まとめ

本当に嬉しくなるご感想をいただきました。
いつもにこにこしながら楽しくお話しをしてくれるTくん。記憶力が抜群で驚かされることがたくさんあり、また、回を重ねるごとに文章の形もしっかりしてくるのが分かりました。
今後は少しずつ入力や操作も練習しながら、「伝える」「表現する」ことの楽しさを感じてもらえたらなと思っています。
パワトレサポーター 永井

自己表現力UP!パワポトレーニングに関する詳しいページは下からお読みください。
↓↓↓
自己表現力UP!パワポ(PowerPoint)トレーニング

関連記事

世界マザーサロンでは発達障害についての記事を配信しています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です