さやぽん(4歳、幼児教室の立ち上げ協力)

sayapon


Q1.現在の居住地
東京都
 
Q2.年齢
32歳
 
Q3.お子様の年齢を教えてください
4歳
 
Q4.家族構成
夫・娘
 
Q5.今は働いていますか?
はい。ただ出産を控えているため休職中に近い状態です。
 
Q6.どのようなお仕事ですか?
幼児教室の立ち上げ協力。
自宅勤務で不定期にしています。
 
Q7.勤務時間帯は?
子どもが不在の10~14時頃。
 
Q8.パートナーは育児に協力的ですか?
非常に協力的。
 
Q9.具体的にどのようなサポートをしてくれますか?
(精神的サポートも含む)

土日は朝早起きをして子どもと二人でご飯を作りをしたり、外に遊びに連れ出したり、寝かしつけをしてくれたりと何でもしてくれます。
土日にママと子ども達が家に遊びにくるときも、積極的に子ども達と遊んでくれママトークの時間が持てます。
 
Q10.仕事をしている時、お子様はどなたがみていますか?
子どもがいるときは仕事はしないようにしています。
 
Q11.育児の疲れはどうやってとっていますか?
子どもが幼稚園に行っている間に友達とランチをしたり、買い物をしたり、また土日は夫に子どもを任せてゆっくり自分時間をもらったりしています。
 
Q12.お子様は習い事をしていますか?
→している場合、それはどのような内容ですか?

スイミング(水泳)。
親子でコミュニケーションをはかりながら全身運動をし体を鍛えるために行っています。
 
Q13.これからの世の中、子ども達に必要な力はどのような力だと思いますか?
自分の意思をもち自分から行動する力
 
Q14.そのために意識していることはありますか?
「どう思う?」「どうしたい?」など問いかけなるべく自分で考えさせる。
生命に関わる危険な事以外は、好奇心のままに行動させる。
 
Q15.どんな時に幸せを感じますか?
夜寝るときに子どもと「大好き~」と言ってぎゅーっと抱きしめるとき。
 
Q16.10年後、どんな世の中になったら幸せだと思いますか?
地域社会での繋がりが強くなり、世代問わず自然にお互い助け合えるようになったらいいと思う
 
Q17.仕事(家事)と子育て、大変だ!と思う時はどんな時ですか?
子どもの「見てみて~」の要望と、家事をいったんストップする塩梅の難しさ。
 
Q18.仕事の悩みはありますか?それはどのような悩みですか?
もう少し社会に貢献するために働きたいと思う一方で、子育てを優先したいと思うジレンマ。
 
Q19.子育ての悩みはありますか?それはどのような悩みですか?
今後迎える、小学校・中学校~の選択をどうしていったらよいか悩みます。
もちろん金銭的な事も含めて。
 
Q20.子育てにおいて、大切にしていることはなんですか?
子どもの意思を尊重する。
良いところを伸ばす。
 
Q21.もし可能であれば、子供と一緒にやってみたいことはありますか?
子どもとの二人旅。
ネット、テレビなどから離れた大自然に身を置いて二人でゆっくり向き合いたい。
 
Q22.最近、一番うれしかったことはなんですか?
娘が、妊娠中の私を気遣って「横になっていていいよ」と労いの言葉をかけてくれたり、家事手伝いをしてくれたりすること。
 
Q23.「もっとこうなったらいいな」という希望がありましたら、
ご自由にお書きください

なし
 
 
さやぽんさん、ありがとうございました!
 
ぜひリレーインタビューにご参加ください。
あなたの声を世界のママに届けます。インタビューはこちらから


 
HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です