自然を身体で感じよう!~雨の日にはプラカップを持って外へ!~


はじめまして。
一般社団法人遊心(ゆうしん)代表の峯岸由美子です。
都心部の0歳からの子育て家庭を対象に、五感を使った身近な自然遊びを行っています。年間約80回、約3000名のご家族が当会のイベントに参加されています。
これから少しずつですが、自然に触れて子育てをする喜びをお伝えしたいと思います。
さて6月に入り、もうじき梅雨がやってきますね。
子育てをしていると、時間に追われて掃除に洗濯、食事などの家事に加え、子どもたちとの時間をどうとるか、毎日悩みどころです。特に雨が降ると、子どもたちは家で遊ぶことも多いと思いますが、ドタバタ走り回って「うるさい!」と親から叱られていませんか?(笑)
もし時間に少し余裕があれば、雨の日も外に出てみましょう。
ポイントはひとつ。
「雨」そのものを楽しんでしまうことです。

自然の面白さは体験しないと分からない!


プラカップをひとつ持って、外に飛び出しましょう。
木々からおちるしずくを「ポトン」とカップに入れてみます。
道路を流れる雨を「ザクッ」とすくってみましょう。
どんな音がしますか?
冷たいですか?
水たまりにそのカップの水を「ジャーっ」と流してみましょう。
模様がみえますか?
どちらに流れていきましたか?
水はその場にとどまることも、絶えず形を変え流れていくこともします。入れ物に浮かんだり、土にしみ込んだり、葉っぱの裏にじっと張り付いていることもあります。
常に変化のある世界、それが自然です。
子どもたちは特に水遊びが大好きです。なぜ好きか、お子さんに聞いたことがありますか?
「そんなの、わかんなーい」「だって面白いんだもん」って声が聞こえてきそうですね。(笑)
そう、理由はわからない。でも調和からちょっと外れた(子どもにとって)「思いもしないことがおこる」世界が楽しくてしょうがないのです。子どもたちのちょっとドキドキした気持ち・・・少しわかるような気がします。

そんな思いもしないことがおこるのが「自然」です。
そしてその自然は、私たちの周りにいつもある(存在)するのです。身近な自然を生活の場で感じ、楽しみ、大切に思う、そんな子育てができたらいいなと願って、私自身も子育てをしています。

びしょびしょになっても大丈夫!何よりも思いっきり遊ぶことが大切!

さぁ、外に出ると親としては困ることもありますね。
ビショビショの髪、洋服、ドロドロの靴・・・・。
一番楽なのは「濡れてもいい格好で外に出てしまうこと」です。
汚れてもいい服、靴(サンダル)、雨具か傘とプラカップ。
玄関に、足ふきタオル、体をふくバスタオル、着替え(下着も)、濡れたものを洗濯機まで運ぶバケツ(ビニール)。可能ならお風呂を沸かし、暖かい飲み物の用意をしておけば、スタンバイOK。
子どもたちが帰ってきたらこう言ってあげてください。
「おかえり!めいっぱいビショビショになって遊んできたね~!すごいぞ!」
子どもたちは目をキラッキラッにしながら、興奮して外であったことを話してくれるでしょう。

一般社団法人遊心® 峯岸由美子
遊心HP:http://www.yushin.or.jp/
遊心ファンクラブサイト:https://yushinfc.jimdo.com/

WMS Cafeでイベントを開催します!子どもと一緒に自然を感じませんか?
日時:2017年10月14日(土) 13時~15時(外遊び)
場所:都心
テーマ:「思いっきり自然を感じよう!~子どもがのびのびできる遊び方~」
講師 :一般社団法人遊心® 峯岸由美子(http://www.yushin.or.jp/
詳細・お申込み・お問い合わせはこちらからお入りください。
↓ ↓ ↓ ↓

The World’s Mother Salonでは、子どもの遊びに関する記事を好評配信中です。
子どもには本気でぶつかり合う体験を!!/Japan
けん玉ってすごい! ―「五感力アップ」と「成功体験」の宝庫 ―/Japan
モザンビークの子どもの遊び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です