Kocchi(6か月、The World’s Mother Salonライター)

Kocchiさんはこちらのインタビューに答えてくださったあとからThe World’s Mother Salonのライターとなって記事を発表してくださっています。お子さんとのかけがえのない時間を大切にしながら働きたいというご希望への実現第一歩、進まれていてスタッフとしては嬉しいで限りです♪
(Kocchiさんの記事はこちらから

こっちー
Q1.居住地
東京都
Q2.年齢
31歳
Q3.お子様の年齢
6か月
Q4.家族構成
母・息子
Q5.今は働いていますか?
働いていません
Q6.どのようなお仕事ですか?

Q7.勤務時間帯は?

Q8.仕事をしている時、お子様はどなたがみていますか?

Q9.パートナーは育児に協力的ですか?

Q10.具体的にどのようなサポートをしてくれますか?(精神的サポートも含む)

Q11.育児の疲れはどうやってとっていますか?
毎日自宅で食べる手作りご飯と、子どもと一緒に入るお風呂の時間が何よりのリラックスタイムです。
あとは、友達との毎日のメールのやり取りも元気をもらっています。
育児をするようになってから、日常の小さなことにも幸せを感じるようになりました。
Q12.お子様は習い事をしていますか? している場合、それはどのような内容ですか?
まだしていませんが、家庭で実施する幼児教育はやっています。
(語学や絵本の読み聞かせなど)
Q13.これからの世の中、子ども達に必要な力はどのような力だと思いますか?
非認知スキルが必須だと考えています。まさに、生き抜く力。そしてベースには自己肯定感があること。
これからの教育は、この様な部分をどのように子どもに身に付けさせるかを真剣に考えなければいけないと感じています。
また、全世界の様々な情報へのアクセスが容易となった分、情報の取捨選択能力も問われます。
自分にとって必要な、正しい情報を収集する能力も、これからの世の中を生き抜いていく上で非常に大切だと思います。
Q14.そのために意識していることはありますか?
今の時期はまず、子どもに「自己肯定感」を持ってもらうためのコミュニケーションを意識しています。
自分は受け入れられている、自分は価値のある人間なんだ、と心から思えるかどうかは、日々の、母親である私とのコミュニケーションの在り方とても大きな影響を与えると思うからです。
それが、自分への自信、そして自己肯定感の醸成となり、その後の人生で人と上手くコミュニケーションする能力や、様々なことにチャレンジする精神などにつながっていくと思っています。
Q15.どんな時に幸せを感じますか?
子どもが全身で喜んでいる姿を見た時です。
Q16.10年後、どんな世の中になったら幸せだと思いますか?
安心・安全な食べ物が日常にあふれ、全ての人が等しくその食べ物を手に入れることが出来る世の中が来ることを願っています。
Q17.仕事(家事)と子育て、大変だ!と思う時はどんな時ですか?
誰かとのアポイントなどがある時に、タイムマネジメントが思い通りにいかないこと。
Q18.仕事の悩みはありますか?それはどのような悩みですか?
もっと子どもとのかけがえのない時間を大切に出来る働き方が出来たらよいなといつも思っています。
(自宅で勤務が出来たり、時短で働かせていただけたりしたら良いなと思っています。)
Q19.子育ての悩みはありますか?それはどのような悩みですか?
今、大きな悩みはありません。
Q20.子育てにおいて、大切にしていることはなんですか?
自分自身が精神的余裕を常に持っていること。
毎日自分自身も子どもに対して笑顔を絶やさないこと。
たくさん子どもとお話すること。
日々の食事の質にこだわること。
Q21.もし可能であれば、子どもと一緒にやってみたいことはありますか?
親子留学です!
もう少し小さなことで言えば、子どもと一緒に早く料理が出来るようになりたいです。
Q22.最近、一番うれしかったことはなんですか?
子どもが自分で部屋の中を移動できるようになったこと!
Q23.今一番欲しいものは何ですか?
(※もの、環境、精神的なもの全てを含みます)

毎日オーガニックな野菜やお肉などを手に入れることが出来る環境と、豊かな自然環境に囲まれた生活。
Kocchiさん、ありがとうございました!
(Kocchiさんの記事はこちらから
ぜひリレーインタビューにご参加ください。
あなたの声を世界のママに届けます。インタビューはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です