海さながらのドイツの湖~ヌーディストビーチも!/Germany

海に面していないベルリンには素敵な森や湖がたくさんあるようです。自然体で日々を生きていくドイツの人々の姿をどうぞご覧ください♪

ドイツの冬は寒く、日照時間も短いため、ドイツ人は夏のバカンスを思う存分楽しみます。子どもも大人も公園が大好き。そこに敷物を敷いて、ピクニック、日光浴・・・。公園といっても森や湖のある広い公園が、ベルリンには数えきれないほどあるのです!
iolleylake5
シュツットガルトの公園で日光浴をしている人たち
(出典:ドイツのお話&アメリカのお話

バカンスは日焼けのできるビーチや湖で

ドイツ人の外国旅行といえば、フランス、イタリア、スペイン、コロンビアなどです。欧州人は日焼けしているとバカンスを満喫した!という優越感があるようです。
そしてベルリンで過ごすドイツ人は、近場の湖で泳いだり、日光浴をしたり。海へ行くには、北海までいかなければいけないため、近くの湖で泳ぎます。湖でも砂浜になっているので、ビーチさながら。ヨットハーバーもあり、ヨット(ディンギー)、ウィンドサーフィン、今流行りのパドルボートもできるのです!
iolleylake7
ベルリンには数多く湖が存在する
出典:(http://www.klassewasser.de/content/language1/img_zoom/karte_berlin_800.jpg

湖での優雅なバカンス

今日は32度ととても暑いので、我が家も湖畔で1日バカンスを満喫しました。湖を見ながら、ゆったりと、ドイツ人風の夏休みを満喫してみました。朝から湖のほとりで本を読んだり、音楽を聴いたりしながら、たまには湖で泳いで遊びつつ、夕方まで過ごします。
iolleylake4
砂浜があるので子どもも砂遊びができ、また湖も水深が浅いので、安心して楽しめます。ライフセーバーも監視しています。少し湖の奥では、水泳教室なども開催されています。
そんな中、木でできた柵のような壁を発見。その掲示板をよく見てみると…ここからは、写真撮影禁止、と書かれてありました。ん?なんだろう?…と、覗いてみてびっくり!
iolleylake3

ヌーディストビーチは自由な身体の文化

なんと、この柵の先はヌーディストビーチだったのです!!ドイツはヌーディスト文化の発祥の地。ドイツのビーチには、水着専用、ペット同伴、ヌーディストビーチの3つのエリアに分けられています。
ヌーディストビーチは、FKKと呼ばれ、これは“自由な身体の文化”を意味します。この文化は18世紀のドイツで始まった自然回帰運動から続いているようです。最近では、若者はこれを好まない、という傾向にあるようですが・・・。
iolleylake2
確かにベルリンの湖畔のヌーディストビーチは、年齢層が高いような気がしました。40代から70代の方がたくさん。おじいさんとおばあさんが手をつないで、裸で湖の砂浜をお散歩している姿も。裸でビーチバレーを無邪気に遊んでいる人もいました。
少し見ていたのですが、どんな人も自然体で違和感は全くありませんでした。グーグルマップで調べてみると、ベルリンでは他の湖にもFKKと書かれている場所を発見!
ドイツ人の夏休みの過ごし方は、ドイツ人らしく自然体。ほかの人の目を気にせず、太陽の光を浴びて思う存分堪能する。そこに醍醐味があるようです。
iolleylake1
Iolley@Germany


iolleyさんの他の記事も合わせてお読みください。
長期休暇をしっかり楽しむ!/ドイツ人の休暇の過ごし方
テストは鉛筆禁止!~文房具店からみるドイツの教育~
ドイツの小中学生の放課後の過ごし方
何歳になっても大学で学べる!/Germany
ドイツ人から見た東日本大震災311
ドイツ人の食生活から学ぶこと、考えさせられること
ドイツの電車の駅には、改札がない!?
iolleyさんリレーインタビュー
ぜひリレーインタビューにご参加ください。
あなたの声を世界のママに届けます。インタビューはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です