布おむつは子どもにも地球にも優しい!!(前編)/Japan

朝までさらさら、漏れない!など紙おむつはお母さんにとっては便利ですが、布おむつにはそれを勝るメリットがたくさん秘められています。子どもの成長と地球環境のために、ここで一度、布おむつ育児のメリットを見てみましょう!(後編はこちら

kocchi紙おむつ6

年間150億枚が生産!

現在、年間約150億枚の紙おむつ(2015年実績)が日本国内で生産されています。(http://www.jhpia.or.jp/data/data5.html)
kocchi紙おむつ8
(一般社団法人 日本衛生材料工業連合会より)
年々消費量が増えていく紙おむつ。
1本の木から約1000枚のおむつが作られるというデータ(http://www.unicharm.co.jp/csr-eco/special03/index.html)から考えると、毎年1500万本の木が伐採されていることになります。
kocchi紙おむつ1
今では9割以上の赤ちゃんに紙おむつが日常的に使用していると言われる紙おむつ。お母さんたちの育児負担が軽減されるという、とても助かる面もありますが、布おむつにも単純にごみが減る、ということに止まらない、素晴らしい側面があるのです。
限られた資源を大切にするためにも、今ここで一度立ち止まり、布おむつを使用する意味について考えてみることはとても大切なことだと感じています。

私の布おむつ育児

kocchi紙おむつ2
私の出産した産院では布おむつを使用していたため、私は自然な流れで出産前に布おむつを40枚、おむつカバーを4枚(50cm、60cmを各2枚ずつ)用意し、出産に臨みました。
そして出産後、早速私の布おむつ育児が始まりました。
おむつが汚れると赤ちゃんは泣きます。すぐに取り替えます。汚れたおむつは、うんちの時は軽く石鹸で手洗いし、アルカリウォッシュなどを入れたバケツの水に浸します。おむつが溜まったら洗濯機で洗います。汚れたら取り替える、汚れたら取り替える…この回数は、明らかに紙おむつよりも布おむつの方が多くなります。
しかしながら、これこそが、布おむつ育児を行う大きなメリットの一つなのです!
後編は、布おむつ育児が与える赤ちゃんへのとっておきの贈り物をご紹介♪
(後編に続く 「布おむつは子どもにも地球にも優しい!!(後編)/Japan


【参考資料】
大阪府による紙おむつ統計まとめ
 
By Kocchi
Kocchiさんのインタビューも合わせてお読みください。
Kocchiさんリレーインタビュー
ぜひリレーインタビューにご参加ください。
あなたの声を世界のママに届けます。インタビューはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です