ドイツのクリスマスとは?/Germany

クリスマスと言えばドイツ。本場の楽しみ方、過ごし方をiolleyさんよりご紹介。あなたの家でのクリスマスにもそのエッセンスを取り入れてみませんか?

gchristmas

アドベントカレンダーがスタート!

2015年は、11月29日からドイツのクリスマスが始まりました。11月29日は、12月24日からさかのぼって4週間前の、11月30日に一番近い日曜日。ですので11月29日からアドベント(待降節)が始まるのです。
この日以前から、クリスマスマーケットが始まっているところもあり、また、お店では、アドベントカレンダーもたくさん売られているので、10月半ばごろから、街はクリスマスの雰囲気が出てきます。ハロウィーンは忘れられている感じもあります。
日本でも、最近アドベントカレンダーが見られるようになりました。12月24日まで、子どもたちは毎日、アドベントカレンダーの窓を開けるのが楽しみなようです。チョコレートが1つずつ入っているカレンダーもあります。

もう一つのクリスマス

また、ドイツのクリスマスは12月6日にもあります。12月6日は、聖ニコラウスがやってくる日。聖ニコラウスとは、今のトルコのミラという小さな街に紀元3世紀に生まれたと言われる伝説上の聖人です。
12月6日に子供たちのところにやってきて、悪い子供にはおしおきを、良い子供には、ご褒美のプレゼントをするのです。ですから、子供たちは、12月5日の夜に靴をピカピカに磨いて、ベッドにプレゼントを入れてもらう靴下をさげてから寝るようです。
iolleyクリスマス2

ツリーの飾りつけはドイツから始まった

クリスマスツリーの飾りつけは、ドイツに由来しています。ドイツ移民がクリスマスツリーの伝統をアメリカにもたらして、世界中に広がっていったと言われています。
古い書物によると、1605年アルザス地方のシュトラスブルグ(当時のドイツ領、現在のフランス)のある家庭がきっかけで、モミの木を森から持ってきて、そこに、りんご、ワッフル、金箔、お菓子で飾り付けしたのが、由来なのだとか。
iolleyクリスマス3

心躍る美しいクリスマスマーケット

そしてなんといっても、ドイツのクリスマスの特徴は、クリスマスマーケットが各都市で開かれていることです。有名なところでは、ニュルンベルグのクリスマスマーケット、ドレスデンのクリスマスマーケットなど、旅行会社が企画している有名な場所がいくつもあります。
ベルリンでも、いくつかの有名で美しいクリスマスマーケットがあります。我が家の近くの繁華街でも、小さな街のクリスマスマーケットが開催されています。小さな木の小屋(ヒュッテ)がたくさん並び、電燈で装飾されますので、可愛い雰囲気となります。それぞれの小屋では、色々なものが売られます。クリスマスグッズから、お菓子、食べ物、飲み物などなど。

クリスマスマーケットでの有名な飲み物

有名なのが、寒い時に身体を温める、グリューワインです。グリューワインとは、ワインに香辛料(シナモン、オレンジピール、カルダモン)とお砂糖、シロップをいれて、温めたホットワインです。小さな小屋に入って、グリューワインを飲むのは、小さな楽しみです。
iollleyクリスマス4

クリスマスは12月24日と25日だけではなかった

日本のクリスマスは12月24日と25日だけですので、ドイツのクリスマスはいろいろ違うことがわかります。日本のクリスマスはアメリカの影響が強いですね。例えば、サンタクロースはアメリカが作り出したもの。
でも、クリスマスツリーはドイツが由来!ドイツでも、12月6日の聖ニコラウスの日を祝ったりする、伝統的なクリスマスとカトリックの影響をうけた、12月24日のクリスマスがミックスされていますが、宗教的な意味合いを考える方は少ないようです。
世界を見渡せば、ロシアのクリスマスは1月7日、スペインのクリスマスは1月6日、イギリスのオックスフォードのクリスマスは11月25日ごろだそうです。様々なクリスマスを知ることも楽しみの1つですね。
iolley@Germany
iolleyさんの他の記事も合わせてお読みください。
クリスマス当日の過ごし方&クリスマス装飾/Germany
ドイツに来たシリアからの難民の人々
ドイツの教育の特徴とは?
ドイツの教育~書くことと発言すること~
ドイツの小学校のランチタイム♪
iolleyさんリレーインタビュー
ぜひリレーインタビューにご参加ください。
あなたの声を世界のママに届けます。インタビューはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です