虐待を罰する法律がない!―中国の子どもの虐待の現状―/China

日々流される子どもの虐待に関するニュース―中国も深刻のようです。他人事としてではなく、社会全体でもっと子どもを守る環境を整えていかないといけないのでは、と感じています。

yuki虐待3

虐待のデータ、国は公表しない…?

今年の初め、日本の警察庁は昨年日本で虐待を受けた子どもの数は3.7万人に達したというデータを明らかにしました。驚きと同時に、思わず中国ではどのような状況なのか知りたくなり、調べてみました。
yuki虐待8
虐待を受ける子どものニュースはどこでも見受けられます。しかし、私が驚いたのは、検索エンジンでは中国の政府機関が出している統計データが一つも検索できないということです。情報ツールは一般に報道されるニュースからのみ。入手できたのはわずかな情報だけですが、中国の悲惨な状況が見えてきました。

実の父母からの虐待が74.75%

angry parent and terrified child sitting at wall corner
北京青少年法律援助と研究センターが発表した<子どもを家庭暴力の影のもとで成長させない―未成年が家庭暴力を受けた事例調査と研究報告>によると、2008年から2013年の6年間にメディアで報道された697件のうち、父母からの虐待は84.79%でした。
このうち、実の父母からの虐待は74.75%、血の繋がりの無い親からの虐待が10.04%。そして12.05%が祖父母などからの虐待とありました。

経済的困窮が虐待を引き起こす

上記で述べたニュースでは、虐待を受けた子どもの中には、父母が両方とも出稼ぎに出ており、親戚が面倒をみる「留守児童」も多くいました。
yuki虐待3
世界保健機関(WHO)は、虐待を引き起こす原因を調査し、その結果、精神や健康の要因以外に、経済状況も主な原因の一つであると明らかにしています。
両親の経済的不安定さがプレッシャーとなり、家庭内暴力を引き起こす。または両親が出稼ぎをせざるを得ず、子どもの面倒をみるには不適切な人に託さなければならず、虐待されるというケースも見られます。

男尊女卑の考え方が引き起こす女児への虐待

また、女児への虐待に関する次のようなニュースは、実は中国ではよく報道されます。

女児が大きくなり、身体の調子が悪くなり病院で検査をしたところ、胃に数十個の刺繍針を差し込まれた形跡があった。女児の祖母(祖父など)が女児は欲しくなかったので、まだ赤ちゃんの時に誰にも気づかれないように殺そうとしたことが後になって分かった

というものです。
yuki虐待1
こうした男尊女卑の考え方が引き起こす類似の事件は多く、ニュースではとても注目されます。でも、誰にも知られずに亡くなっていくケースがどのくらいあるのかは、全く分かりません。
男尊女卑の考え方は少しずつ和らいできているようですが、これからも考えていかなければならない問題です。

虐待を処罰する法律は中国にはない!

子どもの虐待事例の中で、虐待した人はどのような処罰を受けるのでしょうか?
Law concept - Book with wooden judges gavel on table in a courtroom or enforcement office
実は現在、中国には虐待児童に対処する専門的な法律がありません。つまり、情状がひどく、劣悪、さらには人命を落とした時のみ刑事責任が追及される、という程度なのです。その時の罪名も、児童虐待でも虐待罪でもなく、故意の傷害罪と故意の殺人罪として処罰されます。

監督管理の機能が抜け落ちている

子どもの虐待事件が起きても、どの監督管理機関に通報すればよいのか分からない、というのが現状です。小区の住民委員会のおばさん達が自発的に止めるように説得しているだけ。
中国人は「あなたの身体は両親から授かったものである」「すべて両親のものである」という伝統的な思想を持っています。子どもは両親の所有物であり、両親がすべて正しいという意味です。
Mother scolds her son
両親は子どもの行動に対して、妥当でなかったとしても、「しつけ」という名目をかかげてしまうと、他人はそこに介入することはできません。親は、「私達は子どもをしつけています、構わないで!」と言います。
これに対し、住民委員会のおばさん達も腹を立てて一言言い、少し落ち着かせるくらいしかできません。このように「しつけをしている」つもりの両親自身に虐待の意識がなく、「こうあるべき」という考えが強いことは、法律制度を健全化させていく上で足枷となってしまっています。

子ども達が安心して安全に暮らせる社会に

メディアで報道されるものはほんのわずかです。子ども達が誰一人辛い思いをしなくなるようにするには、横の繋がりを強化し、もっと支え合えるような社会にしていくことが必要ではないかと思っています。
ハートの贈り物
そして同時に、法律や制度を固め、子ども達が安心して安全に、愛に満ちた社会で成長していけるような社会になってほしいと思います。
【参考資料】
・北京青少年法律援助与研究中心发表的《别让孩子在家暴的阴影下成长——未成年人遭受家庭暴力案件调查于研究报》
・WHO 子どもの虐待 2016年7月(http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs150/zh/
By yuki@China

まとめ

・日本は去年虐待を受けた子どもの数が3.7万人と警察庁が公表しているが、中国は政府機関の出している統計データがないため実態を知るのは難しい。
・実親からの虐待が74.75%を占め、経済的困窮や男尊女卑、そして「子どもは親の所有物」という伝統的な思想に基づいているため、なかなか中に入り込んで子どもを救う手段が少ない。
・横の繋がりを強化し、もっと支え合えるような社会にしていくためには何が必要か考えていきたい。

yukiさんありがとうございました!
yukiさんの記事はこちら
オリンピック選手むせび泣きの第3位~加熱する学歴社会に思うこと/China
二人目、産む?産まない?/China
野菜用洗剤は本当に効果あり??/China
三か国にお世話になった出産/Thailand
我が家の離乳食―中国、日本、タイ3カ国文化大衝突
yukiさんインタビュー
ぜひリレーインタビューにご参加ください。
あなたの声を世界のママに届けます。インタビューはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です