子どもの能力を伸ばす ~放課後の習い事を通して学ぶこと~/Thai

皆さんは、わが子の習い事をどのような基準で決めていますか。
タイに住むシングルマザーviiさんが考える、最適な習い事についてレポートが届きました。

子どもの能力を伸ばす
学校で毎日勉強する以外に、子どもの様々な能力を伸ばすことは、とても重要なことです。全ての子ども達の中にある才能や力。どんな特性があり、それをどうやって、いつ、子ども達が表現するかを、芸術、音楽、スポーツなどを通じて、母親は見つけることができます。
子どもに習い事をさせることで、母親は子ども達自身の中にある可能性や能力と出会うことができます。私自身は、「勉強」のような学問的なことにはそれほど重きを置いていません。子どもはすでにしっかりと学校で勉強していると思うからです。

私と息子が水泳を選んだ理由

私はまず子どもが好きで興味をもっていることを探したい、と思っています。強制ではなく、自分の気持ちから習い事に取り組んでほしいのです。私にとっては、「水泳」が一番大事。一つは運動として。そして、もう一つは大人になってから、将来起こりうるだろう危険から自分の身を守る方法として役立つと思っています。そして、息子も水泳が大好きです。水泳のクラスには友達もいるし、楽しく遊びながら身につけられるからです。
lTOi5i8V4EujgHK1456361233_1456361244
幼いときは喘息のせいで、夜中に何度も子どもを病院に連れていったものですが、水泳のおかげで子どもは健康になり、この1年の間、頻繁に患うこともなくなり、今ではせいぜい風邪くらいです。水泳を習っている間、保護者としての私の負担もとても軽くなります。
というのも、学校のブールを利用して子どもは水泳を習うことができるからです。ほかにも放課後、学校がサポートしている特別授業がいろいろとあります。親が迎えに行くまでの空き時間、子ども達が学校で習い事をするのは保護者にとってとても助かります。
私は、次の学期に音楽を習う気持ちがあるかどうか子どもと相談したいと思っています。ピアノだけでなく、エレクトーン、ピアニカ、あるいはウクレレだってよいのです。決めるのは子ども次第。心を癒し、集中力がつき、記憶力も増し、楽器の音に触れリラックスできる、そんな音楽の良さについて目を向けてもらえるよう、息子とよく話し合いたいと思います。
FRRvGQxBcvw1oB_1456361270_1456361279

学校選びの重要さについて

シングルマザーである私にとって、子どもの学校選びはとても重要です。学校は、知識を授けるとともに、日常生活が楽しく幸せであるよう子どもをサポートする大事な場だからです。このように放課後に行われる学校での特別授業は、私のような親も安心して子どもを預けることができ、とてもありがたいのです。
vii@thai

The World’s Mother Salonではタイの国から様々な記事を配信しています。
タイの病院であった衝撃の熱を下げる方法(「熱が出た時はこうする!」)や、タイに住むママたちからの生の声(インタビュー)など、、「タイの記事」はこちら

The World’s Mother Salonでは様々な視点から教育についてレポートしています。
関連記事はこちら
ドイツの小中学生の放課後の過ごし方
東京都の小学生~通塾事情とご飯と睡眠~/Japan
識字率70%超え!~寺子屋の仕組みがすごい!!/Japan
冬休み夏休みの宿題~やる?やらない?/Taiwan
タイ人にとっての外国語
Viiさんの他の記事も合わせてお読みください。
viiさんリレーインタビュー
ぜひリレーインタビューにご参加ください。
あなたの声を世界のママに届けます。インタビューはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です