台湾の分娩方式、産後の福利厚生について

台湾の分娩方式や費用、福利厚生について Eva Huangさんがレポートしてくれました♪

台湾分娩方式_eva

自然分娩と帝王切開

一般的には、分娩方式は自然分娩と帝王切開の二つに分けられます。台湾の行政院衛生署衛生統計によると、2001年~2006年の台湾の帝王切開率は平均32%~34%と、他の先進国と比べて多いです。医師が帝王切開しかないと判断した場合を除くと、5%の妊婦が自分で帝王切開を選択しています。台湾では、誰もが全民健康保険に入る必要があり、出産や入院の際に補助があります。区別は以下の通りです。

自然分娩

健保病棟に入院し(注一)、出産から退院まで支払う費用は2000~6000台湾ドルです。(病院の規模や等級によって違いがあります)。一般的には自然分娩での入院は三日です。

帝王切開

A)自ら望んでいない場合(注二)

健康保険で手術費用が支給され、健保病棟に入院し、出産から退院まで支払う費用は約8000~12000台湾ドルです(病院の規模や等級によって違いがあります)。一般的には帝王切開での入院は五日です。

自ら望んだ場合(注三)

完全に費用は自己負担です。健康保険では支給されません。出産から退院まで支払う費用は3500~6000台湾ドルです(病院の規模や等級によって違いがあります)。
上記の費用は健保病棟に入院した場合です。もしも一人部屋を希望すれば、健康保険での補助はなく、費用はもっとかかるでしょう。一般的に一人部屋の費用は、3500~7500台湾ドル/日)です。
S_O_ROKSRelijeq1456808810_1456808819

特別費用とは

特別費用が出産中の個々の選択により発生します。健康保険では支給されないものとして、

自然分娩

出産中、陣痛の痛みを緩和するため、「無痛分娩」を選択し、脊椎の末端から注射する妊婦さんもいます。この部分は健康保険では支給されず、自己負担で行います。費用は約5000~8000台湾ドルです。

帝王切開

A)手術後の痛み止め注射

この部分の費用は比較的細かく、注射の種類によって費用が変わってきます。

B)癒着防止処理

以前は帝王切開の傷口がふさがる時に、胃腸の癒着や子宮の癒着が起こしやすくなっていましたが、医療水準がどんどん進歩し、産前に妊婦さんと医師が相談し、傷口を縫い合わせる前に癒着防止剤を使うのか、傷口の表面に保護膜を形成するのかを選択できます。
yQpB1nSLdnKjVjl1456809056_1456809066

産後の福利厚生に関して

台湾の社会保険は、労働保険、農民保険、公教員保険などの種類があります。以下は台湾でカバーされる範囲が最も広く、入っている人数も一番多い労働保険の産後の福利厚生について紹介します。

出産補助

出産時60日保険金(産前6ヶ月の平均保険支払額)

健診休暇、立ち合い休暇

妊婦さんは妊娠期間中5日間の妊婦健診休暇を与えられ、夫や労働保険加入者は5日間の立ち合い休暇が与えられます。

産後休暇

妊婦さんは分娩前後は休職し、8週間の産前休暇(産前であれば産休を開始してもよい)をもらえます。この期間、雇用主は給与を支払う必要があります。

産後育児休暇

両親は子供1人につき、その子が満三歳になるまで「育児留職無給」を申請できます。
期間は子供が満三歳になるまでですが、二年を超してはいけません。
同時に二人以上保育している人は、この期間は合算し、最長、一番下の子供が二年の保育をうけるまでです。

育児留職無給手当

会社にとって育児休暇中は社員に給与を支払う必要はありませんが、労働保険には手当がついています。
給付金額は前6ヶ月の平均支払額の60%とし、毎月決まって支払われます。
子供一人につき最長合計6ヶ月支払われ、同時に二人以上保育している場合は、一人分支給されます。
父親も手当を申請できますが、母親が同時に二つ申請はできません。
私たちの出産は基本的には全民健康保険から支払われているようです。
もし他の医療保険もあるなら、多くの費用がかからずに出産できますが、今の台湾の親は実際のところ最も気にかけるのは、成長時に必要な医療と教育費です!
by Eva Huang@Taiwan
Eva Huangさんの他の記事も合わせてお読みください。
2月6日 台湾大地震/Taiwan
冬休み夏休みの宿題~やる?やらない?/Taiwan
産後痩せるには-キヌアが有効?/Taiwan
赤ちゃんの一歳前の行事/Taiwan
Eva Huangさんリレーインタビュー
ぜひリレーインタビューにご参加ください。
あなたの声を世界のママに届けます。インタビューはこちらから

コメントを残す

台湾产妇分娩方式、产后福利

台湾分娩方式_eva
一般来说分娩方式分为自然生产、剖腹生产两种,根据台湾行政院卫生署卫生统计显示,2001年~2006年台湾的剖腹产率平均高达32%~34%,比其他先进国家高出许多,除了必要因素医师判定需要采取剖腹产外,有5%的产妇是自行选择要剖腹生产。
在台湾,每个人都需投保全民健康保险,生产、住院都有补助,分别如下:
● 自然生产:
住健保病房(注一),从生产到出院只需支付2,000~6,000台币的费用(根据医疗院所规模等级而有所不同),一般自然生产住院为三日。
●剖腹生产:
A:非自愿剖腹(注二):健康保险有给付手术费用,住健保病房,从生产到
出院费用约8,000~12,000台币(根据医疗院所规模等级而有所不同),
一般剖腹生产住院为五日。
B:自愿剖腹产(注三):完全自行负担费用,健康保险不给付,从生产到出
院的费用约3,500~6,500台币(根据医疗院所规模等级而有所不同)
以上的费用都是以住健保病房为主,若选择住单人病房,健康保险是不补助的,费用也会多出许多,一般单人病房费用为(3,500~7,500/一天)
除此之外,如果自己有向保险公司购买医疗保险,申请费用下来后,有时几乎都可以抵掉大部份的生产费用的喔!
额外费用,生产过程中依据个人选择,有些费用是健康保险不给付的:
● 自然生产:
生产过程中,为了减轻阵痛的不舒服感,有些产妇会选择施打「无痛分娩」,主要是从脊椎末端注入针剂,这部分健康保险并不会给付,需自行负担费用,费用大约5,000~8,000台币左右。
●剖腹生产:
A、手术后止痛针剂:这部分的费用分的比较细,不同的止痛针剂费用不同
B、防沾粘处理:以前剖腹产在伤口愈合时容易造成肠胃沾粘、子宫沾粘等状
况,由于医疗水准越来越进步,产妇产前应与医师讨论可选择在剖腹产缝
合伤口前使用防沾粘医材,在伤口表面形成保护膜。
关于产后福利:
台湾的社会保险种类有劳工保险、农民保险、公教人员保险…等等
下面我们以台湾给付项目涵盖最广,投保人数最多的劳工保险来介绍我们的产后福利制度:
● 生育补助:生育给付60日的投保薪资(生产前6个月之平均投保薪资)
● 产检假、陪产假:孕妇在妊娠期间享有5日的产检假,先生若也为劳工保险投保者,则享有5日的陪产假。
● 产后休假:孕妇在分娩前后应停止工作,给予产假8星期(可于待产时就开始请产假),这段期间雇主依然需支付薪资
● 产后育婴假:妈妈们在每一个子女满三岁前,都可申请「育婴留职停薪」,期间至该子女满三岁为止,但不得超过二年,同时抚育子女二人以上者,其育婴留职停薪期间需合并计算,最长以最幼子女受抚育二年为限。
● 育婴留职停薪津贴:虽然对于公司而言,请育婴假期不须给付薪资给员工,但劳工保险有给付津贴,给付金额是以前六个月平均月投保薪资的60%计算,按月发给。每一个子女最长合计发给6个月,同时抚育二个子女的情形,以发给一人为限,父亲也可以申请津贴,但不得与母亲同时申请。
看起来我们的生育基本上有全民健康保险的给付,若还有另外添购医疗保险的话,整个生产是不需要太多花费的,但现在的台湾家长其实最在意的是成长时所需的医疗、教育费用呢!
by Eva@Taiwan

コメントを残す