親から子へ伝えたい、大切な「性」のこと【Vol.3 性教育勉強会in東京】

スマホやSNSの発達により子ども達は至るところで簡単に情報を入手できるようになりました。「性」についても偏った情報が先に入り、子どもの興味が先走り、様々なトラブルに発展するケースが増えています。世界マザーサロンは、一人でも多くの方と命と性について考えていきたいと思い、保健師の森崎智恵子さんを講師にお招きして勉強会を行っています。第3回目は2017年11月28日(火)、東京にて開催します!


今回で3回目となる性教育勉強会。
これまで参加されたお母さん方からは、

いずれ話さなければいけないと思っていたが、どうしてよいか分からなかった。
話すきっかけがなく困っていた。

といった声をたくさんお聞きしてきました。関心はあれど、なかなか学ぶ場がないというのが実情です。
命と性に向き合うということは、どんな勉強よりも大切なことだと感じています。
講師は子どもの年齢に応じて、どのように伝えていったら良いか、いのちの大切さを伝える活動をされている保健師の森崎智恵子さん。絵本を使いながら、とても丁寧に教えてくださいます。
前回の勉強会レポートも是非お読みください。


勉強会では、森崎さんと参加者同士、じっくり話す時間も設けています。子どもと性について話したいと思っても勇気が出ない、どうすれば良いか悩んでいるなど、悩みは色々ありますが、こうして話をしていくと、子どもへ話すことへの抵抗も下がっていきます。
初めての方も、以前参加されたことのある方も、
子ども達の心とからだを守るため、ぜひ、一人でも多くの方にご参加いただけたらと思います。

開催概要

テーマ 第3回子どもへの性教育勉強会in 東京
日時  2017年11月28日(火)13:10~15:00(受付13:00~)
場所  渋谷区神宮前 (詳細はお申込みいただいた方にお知らせいたします)
交通  JR山手線原宿駅から徒歩6分/東京メトロ千代田線・副都心線明治神宮前駅から徒歩2分
講師  保健師 森崎智恵子さん
参加費 1,000円
主催  一般社団法人世界マザーサロン
お申込みは、下記お申込みフォームまたは
info@wm-salon.com へお名前、携帯電話番号、メールアドレスをお書きの上、お送りください。

お申込み期限 2017年11月20日(月)まで →閉め切りました。
ご不明な点などございましたら、こちらまでお気軽にお問合せください!

【講師:森崎智恵子さんプロフィール】

保健師・看護師
ウェルネス・タッチケア®認定講師
ウェルネス・ファシリテーター®認定講師
埼玉県戸田市在住。 http://profile.ameba.jp/morichi24/
病院勤務後、都内保健センターの母親学級、新生児訪問、親子教室等で、多くの母子と出会い、またエイズ・性感染症予防相談事業にも従事する。多くのケースワーク(個別支援)を通し、いのちの奇跡と尊さを感じ、そして人間が生きるうえで一番大切なのは、自己肯定感を高めていくことと確信する。現在、健康保険組合、企業等で健康相談、健康教育に携わり、モールでの育児相談をしている傍ら、ウェルネス・タッチケア®講座、いのちと性の大切さを伝えるべく活動をしている。

【主催者情報】
一般社団法人世界マザーサロン(東京都新宿区新宿、代表理事:永井佐千子)
世界中のお母さん達とこれからの子育てを考えていきたい、という思いから、2015年に団体を設立。各国からの情報発信や、生きていくために大切なことについて考える勉強会などを開催中。
運営サイト
The World’s Mother Salon
ヴィーガン子育て~ヴィーガンライフで幸せな子育てを~

世界マザーサロン編集部
親から子へ伝えたい性教育勉強会

「性教育とは、子どもが自分自身を大切に、そして他者も大切にできるよう心を育てていくこと」だと世界マザーサロンは考えています。
そのためにご家庭でできる性教育の勉強会を開催しています。

これまで、東京、長野を中心に勉強会を開催してきましたが、Zoomアプリを利用したオンラインでの勉強会も開催しています。
1回1,000円/人、1名さまより開催します。

性教育を始めるのは、お子さまが3歳頃からいつでも可能です。
ご家庭で伝えられることを通して、お子様が自己肯定感を育くみ、他者も大切にできる人に育ことを応援します。

詳しくは詳細ページをご覧ください。

性教育勉強会のお申込みや活動全般に関してご興味がございましたら、是非お気軽にお問合せ下さい。

The World’s Mother Salonでは、性教育について特集しています。

第一弾 【子どもと性】性教育は学校任せでいいの?学校教育の現状を見てみましょう。


第二弾 【子どもと性】児童買春、児童ポルノ、中絶、性感染症の低年齢化―偏った性情報が子どもを被害者に

第三弾 【子どもと性】自分の命、他者の命を大切にすることに繋がる正しい性の伝え方

また現役警察官から「子どもと性」について話を聞く勉強会も開催しました。
下着販売で補導される少女は、家庭環境や交友関係のトラブルなし、補導歴なしの普通の子ども達。学歴・家柄も関係ありません。でも、エスカレートして援助交際へ走る子も。こうした子ども達には、共通していることがあります。。


世界の性教育についても取り上げています。
ぜひ合わせてお読みください!
・ドイツ 【子どもと性:ドイツ】生物の授業で性について学ぶー自然に考える機会を子ども達にー

・中国 【子どもと性:中国】2016年の性被害児童は778人―性犯罪の増加、性行為の低年齢化により変わり始めた学校教育

・マレーシア 【子どもと性:マレーシア】イスラム教では月経開始後の女性に男性は触れてはいけない!~

勉強会お申込みは、下記お申込みフォームまたは
info@wm-salon.com へお名前、携帯電話番号、メールアドレスをお書きの上、お送りください。

お申込み期限 2017年11月20日(月)まで
ご不明な点などございましたら、こちらまでお気軽にお問合せください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です