我が家の離乳食―中国、日本、タイ3カ国文化大衝突

中国に生まれ、日本人の男性と結婚し、タイで子育て奮闘中のyukiさん。「三か国にお世話になった出産」に引き続き、離乳食を開始しようとしてもそこに3か国の考えが立ちはだかります。さてyukiさん、今回はどのような選択をしていくのでしょう?

chinajapanthailand

離乳食を始めるタイミング

現在タイにいる私達は、いろいろな壁を経験しています。tomoが生後4ヶ月の時、おばあちゃんは自分の昔の経験に基づき、tomoに離乳食をあげました。タイでは生後4ヶ月で離乳食をあげる昔の方法に頼る人も多いですが、タイの小児科は世界衛生組織標準に合わせて、生後6ヶ月から離乳食を始めるようにすすめています。
そこで私達は折衷案として、tomoに自分で決めさせることにしました。tomoが自分できちんと座れるようになった頃、夜ご飯の時に食卓のそばに一緒に座らせてみました。始めの頃はよだれをためていたtomoは、おもちゃをかじったりしていましたが、だんだんとおもちゃをかむだけでは満足できず、食卓の上の食べ物に手を伸ばし始め、この頃は生後6ヶ月近かったので、正式に離乳食を始めました。
yuki 離乳食1

離乳食スタートの米粉が甘い??

日本と違う所は、中国の離乳食は米粉が中心です。食品の安全性問題で、人々が不安を感じているため、海外から購入するという選択をする家も多く、最も多いのはアメリカ産のものです(笑)
tomoが生まれたタイでは、日本と同じように十倍粥から始めるのが基本です。でも、おばあちゃんの意見を聞き入れ、最終的には比較的便利な米粉をtomoの人生初の一口にしました。しかし、意外だったのは、タイの市場で一番多く見られるネスレのご飯が甘いことです!原材料表示の中には糖分は入っていないけれど、確実に甘いので、早急にいろんなものを試食してから、最終的にアメリカから輸入しているthe earth bestというブランドの米粉に決めました。
はぁ・・・中国のママは海外輸入派になってしまうのだなぁ・・・。
QS_QjUydOnPGyb11459665359_1459665370
tomoに米粉をあげ始めた時、お昼寝から起きた時か、お風呂が終わって気分の良いときにあげるようにしました。これなら、眠すぎたり、気分があまりよくないことが原因で新しい食べ物を拒絶することが減ります。毎回楽しく食べていたことが理由なのかどうかは分からないけれど、私は食に関しては気を遣うこともなく、時々食べ過ぎているのではないかと心配するほどでした。

野菜ペーストを冷凍-世代間ギャップを埋める!

WVFy1QJNLUE_N751459658963_1459658975
tomoに一週間、米粉をあげた後、野菜のペーストをあげ始めました。私は仕事に行かなくてはならず、おばあちゃんがてんてこまいになるのが心配だったので、一週間分の野菜ペーストを冷凍することを提案してみました。毎食、解凍するだけでOKです。
でも、おばあちゃんに大反対されました。そんな事をしたら不健康だから、毎回新鮮なものを作らないとダメだと。でも、私は時間を見つけて、おばあちゃんが使えるように野菜ペーストを冷凍しておきました。おばあちゃんも、だんだん冷凍する保存方法を否定しなくなり、結局は、時間の節約になりました。
私と中国タイの友人と冷凍保存方法について話している時、首を振ったほぼ全員が自分達はその時に作っていると言っていました。もちろん、その時その時で作るのが一番いいし、一番栄養もあるのは確かですが、忙しかったり、自分で子育てしているママにとっては、ある程度の冷凍食品は効率もよく、気軽な選択肢となります。かつ、栄養面からしても、一週間の冷凍で損なわれる栄養も多くないし、安心して使えます。
yuki 離乳食2

タイの人たちは生まれた時から辛党?

徐々にtomoは普通の食事に移行し始めました。外食の時にも大人の食べ物を見てよだれを出し始め、ちょっと見ていない間に、大きな口をあけて、口の中にいっぱい食べ物を入れていたりしました。たとえタイ料理を勝手に食べて、辛くて泣いたりしたとしても、すぐに忘れてまたテーブルの上の食べ物に手を伸ばし続けます。
タイの友人たちは、小さい頃、間違って大人の料理を食べて、辛すぎて、鼻水も涙も流したと言っています。タイ人の辛いもの好きは持って生まれたものではなかったのですね~。
thaigreencurry

果物の王様、ドリアンとのお付き合い方法

タイに住んでいるので、果物を食べるのは毎日の生活の一部となっています。tomoが1歳の頃、すでにタイでよく見かける果物を食べていました。スイカやグレープフルーツは言うまでもなく、マンゴー、マンゴスチン、ドリアンは大好きな果物です。歩けなくても、椅子に上って冷蔵庫を開け、もし食べられなくても諦めません。mokoお姉ちゃんのところへ行って奪い取り、それを食べます。
SKJLzPnm_g4e4bl1459663808_1459663820
私達はアレルギーを心配して、熱帯地方の果物は1歳になってから与えましたが、タイではドリアンのみ子供にたくさん食べさせてはいけない果物だそうです。子供がドリアンを好きすぎて、食べる量を規制できなくなるのではないかと心配している親も多いです。思い切って、ドリアンは大人だけが食べられるものだよ、と子供に言ってみましょう。のどに詰まっちゃうからと言ってもいいですよ。
tomoの乳歯がだんだん多くなってきて、食べられるものがどんどん増えてきました。自然の恩恵を受けられることに喜びを感じる一方で、小さい頃の母乳を飲んでいる時のプクプクした赤ちゃん時代を懐かしく思ったりします。
yuki 離乳食3
By yuki@Thailand

yukiさんの記事はこちら
三か国にお世話になった出産/Thailand
思わずよだれが!!バナナの美味しいレシピ/Thai
タイ人にとっての外国語
中国人はなぜ鉄鍋を愛用するのか~中国の台所事情
yukiさんインタビュー
ぜひリレーインタビューにご参加ください。
あなたの声を世界のママに届けます。インタビューはこちらから
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

我家的辅食--中日泰三国文化大碰撞

chinajapanthailand
 
身在泰国的我们的育儿时不时就会出现各种文化大碰撞的情况。在tomo四个月的时候外婆就根据自己的老经验提出要给tomo上辅食了。在泰国不少老派做法也选在四个月就添加辅食,而泰国的儿科医院则是按照世界卫生组织的标准,建议六个月才开始添加辅食。
 
于是我们就采用了一个比较折中的做法,让tomo自己来做决定。在tomo能够自己坐稳的时候,我们就会在晚餐的时候让他一起坐在餐桌边。刚开始留着口水的tomo只要给几个磨牙玩具就能搞定,渐渐地tomo表示磨牙玩具这样中看不中用的东西已经无法满足他,就开始伸手够桌上的食物,而这
yuki 離乳食1
个时候差不多就是他六个月的时候,也就是我们正式开始给他添加辅食的时候。
 
 
和日本有所不同的是,中国的辅食以婴儿速食米粉为主,在食品安全问题令人不安的背景下,不少家长会选择从海外购买,其中最大“来源国”当属美国(笑)
 
在tomo出生成长的泰国,主流的第一口辅食也是和日本一样的十倍粥,于是征询了外婆的意见,最后还是选择了比较方便的米粉来作为tomo的人生第一口。然而意外的是泰国商场里最多的雀巢米饭居然是甜的!明明配料表没有标注糖分但却是实打实的甜,于是赶紧转换目标,再各种尝试后,最后定格在了美国进口的the earth best婴儿米粉。哎……中国妈妈怎么到哪里都还是海外进口党呢……
 
在刚开始给tomo喂米粉的时候,我都会选在中午tomo午睡醒或者洗完澡心情好的时候喂,这样就能减少宝宝因为犯困或者心情不好拒绝接受新食物。
不知道是不是因为每次都很开心地开动的缘故,tomo在吃这方面真的就没有让我操心过,倒是有时候会担心他是不是吃太多。
 
在给tomo喂了一个礼拜的米粉后,我就开始给他添加蔬菜泥了。因为我要上班担心外婆忙不过来,就提议可以速冻一周份的蔬菜泥。每顿解冻就好。结果外婆极力反对,认为这样不健康,坚持要每
yuki 離乳食2
天做新鲜的。而我也会同时抽空速冻一些蔬菜泥让外婆一起用,渐渐地外婆也不再抵触速冻这样的保存方法了,毕竟是可以节约许多时间。
而当我和中国泰国朋友提到速冻保存法的时候,几乎所有的人的人都摇头说自己家都是现煮。当然现煮的确是最好最有营养,不过对于忙碌或者独自抚养孩子的妈妈来说,适量的速冻食品是更高效更轻松的选择。而且从营养方面来说一周的速冻营养损耗并不大,完全可以放心食用。
渐渐地tomo已经开始过渡到普通食物了,随我们外出用餐的时候也会开始眼馋大人们盘子里的食物,常常会趁我们不注意偷偷抓一把塞到嘴里大快朵颐。尽管有时候会因为偷到泰国菜而被辣哭,却也还是不长记性继续找机会伸手抓。
泰国的朋友们也会对我说,小时候不小心吃到父母的菜会被辣得一把鼻涕一把眼泪。原来泰国人能吃辣也不是天生的啊~
既然身在泰国那么水果也必然是每日生活的一部分。1岁的tomo已经几乎吃遍了泰国常见的水果,西瓜,西柚不必说,芒果,山竹,榴莲是最爱。几乎是一看到就挪不动步,爬椅子开冰箱,大有吃不到口誓不罢休的劲头。时不时还会跑去抢兔姐姐moko的份来吃。
我们会因为担心过敏而选择在1岁以后才给宝宝加热带水果,而泰国当地却认为只有榴莲是大热之物不能给孩子多吃。不少家长因为担心孩子爱上榴莲无法控制量,索性一开始就告诉孩子,榴莲只有大人才能吃。也是因噎废食的可以了。
随着tomo小朋友的乳牙渐渐增多,能吃的食物也是越来越多。一边为他可以感受自然的恩惠感到高兴,一边却也怀念小时候纯母乳时候的奶胖娃娃。
yuki 離乳食3
by yuki@china