vol.23 決めつけない。変わることをあきらめない

おはようございます!
菜食の素晴らしさを世界へ広げたいThe World’s Mother Salon(世界マザーサロン)の永井佐千子です。

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか。
我が家は畑通いの日々でした。
夏の収穫が楽しみです^^

さて、食の話をするときによく出てくるのが子どもが野菜を食べない、というお話。
そして「うちの子、野菜は嫌いだから」と最初からあげていない、という方の話も時々耳にすることがあります。

でも、少し食べない日が続いたからといって、二度と食べなくないくらい嫌なのか、というとそんなことはほとんどありません。

無理に食べさせるのは、身体にも心にもよくありませんが、調理方法を変えながら、少しずつ機会をうかがっていくことで、きっと変わるタイミングは訪れます。

味覚は変わりますので、以前は苦手だったものでも、好物になる、ということは我が家の子ども達でもよくあります。

あとは生活習慣の見直し。
おやつの時間や食べているものを見直すことも大切です。
スナック菓子を買わない、食事の前におやつをあげない、ということも是非意識をしてみてください^^

この「決めつけない」というのは、子育て全般を通して言えることかなと感じています。

うちの子、運動が苦手だから。
恥ずかしがり屋だから。〇〇が苦手だから。
と子どもの前で言われているのを時々見かけることがあります。
これってすごくもったいないな、と思うのです。

今、苦手でも、変わろう、と思っていれば必ずできるようになります。
きっと大丈夫。きっと変わる。と親がどこまで子どもを信じてあげられるか。

人と比べず、焦らず、ゆっくり子どもの成長を見守っていきたいですね^^