vol.8 菜食をおススメする理由

◇◇◇子どもの未来を考えよう!◇◇◇
The World’s Mother Salon メールマガジン vol.8
~Food for Peaceful Life!!~

おはようございます!

菜食の素晴らしさを世界へ広げたいThe World’s Mother Salon(世界マザーサロン)の永井佐千子です。

世界マザーサロンでは、Food for Peaceful Lifeと掲げているように、食を通して社会の幸せに貢献していきたいと考えています。

中でも「菜食」というあり方を広げていきたいと思っているのですが、なぜ菜食なのか、ということについて改めて書いてみたいと思います。

サイトの方で記事をご覧いただいた方もいらっしゃるかと思いますが

例えば、
畜産と温暖化との関係
http://wm-salon.com/animalhusbandry-globalwarming-wms/
畜産と水との関係
http://wm-salon.com/animalhusbandry-globalwarming-wms/
といった問題だけでなく、

畜産の地球環境への負荷は年々大きくなってきています。
もちろん、動物たちへの影響は計り知れません。

そうした状況をうけ、国連をはじめ、世界中で菜食推進の運動が進んでいます。
http://www.hopeforanimals.org/MeatFreeMonday/00/id=366
(出典:アニマルライツセンターより)

前回のメルマガでは「常識を疑う」ということについて書きましたが、食事にもこれは当てはまります。

卵、牛乳、お肉、魚は身体には必須。
こう教育されてきた方がほとんどです。

そして、現在世界的にお肉を食べる習慣が広がっているわけですが、生産の観点からみると、世界の消費者のニーズを満たすことは既に不可能となっています。

そこで行われているのが、遺伝子組み換えにより肥大化する牛の開発や足が何本もある鶏の飼育などです。

果たしてこれは持続可能なあり方でしょうか。
幸せな循環となっているでしょうか。

子ども達、そしてそのまた子ども達には、幸せな環境で幸せな食事を食べていける世の中であってほしいと願っています。

そのためには、今、私達一人ひとりが日々の食のあり方について、もう少し意識を向けてみても良いのではないかな、と思っています。

動物性のものを使わなくても本当に美味しいお料理をたくさん作れます!!

子どもたちのために、地球のためにそして全ての命のために1日のうち1食でも、動物性なしのお食事を意識してみてはいかがでしょうか^^