vol.7 社会の課題を親子で話し合ってみよう

◇◇◇子どもの未来を考えよう!◇◇◇
The World’s Mother Salon メールマガジン vol.7
~Food for Peaceful Life!!~

おはようございます!

菜食の素晴らしさを世界へ広げたいThe World’s Mother Salon(世界マザーサロン)の永井佐千子です。

寒い日が続いていますね。
皆さま、お変わりありませんか?

現在私自身、国内外の企業様のお仕事をお手伝いさせていただいているわけですが、やり取りをする中で、これからの子ども達に必要な力は何か考えることがあります。

コミュニケーション能力や様々な能力、技術など色々と挙げられると思うのですが問題を見つける力もその一つだと思っています。

出された問題を解決するというのではなく、まずは、何が問題なのかを考える力が必要なのではないかな、と。

ただ、現在の学校教育では、「今の社会が前提」の教育となっており、今の世の中の何が問題か、ということについて考える機会はまだ少ないように思います。

であるならば、まずは家庭で考える習慣を持つことは、とても大切ではないかなと感じています。

そのために、「当たり前」と思われていることにまずは向き合ってみる。

学校はなぜ行くの?
なぜみんな一緒に勉強するの?
仕事って何?
なんで時間が決まっているの?
なんで遅くまで働かないといけないの?
日々ご飯を食べるのはなぜ?

子どもだけでなく、大人側も、「決まっているから」と、これまで目を向けなかったことについて子どもと一緒に考えてみると世の中の見え方が変わってきます。

何より、子どもに質問をするためにはまずは親側が学ばないといけないのでそれだけでも大きな学びになると思います。

是非、親子で話し合いの機会を設けてみてください!
子どもの純粋な心や考え方が見えてくるだけでなく子どもにとっては、自分の意見を言う練習にも繋がります^^